あさひろブログ

アニメやポケモン、ボカロ関係の雑記中心です。気に入った動画もたまに。山陰にいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アニメ】 『琴浦さん』 【感想】

なおBD/DVDの売り上げは…

TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]
(2013/04/03)
金元寿子、福島潤 他

商品詳細を見る


翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしまう能力の持ち主。
その能力のため幼い頃から辛い経験を繰り返し、心を閉ざして周囲から距離を置いていたが、クラスで隣の席になった真鍋義久との出会いがきっかけとなり、彼のエッチな妄想に振り回されながらも徐々に心を開いていく。
やがて、その力に目をつけた御舟百合子によってなりゆきから彼女が部長を務めるESP研究会に入部することになるのだが…
人の心が読める少女と彼女に惹かれる少年が織り成す学園ファンタジーラブコメ
(公式HPから転載)



↓公式HP
http://www.kotourasan.com/index.html

↓感想(ネタバレ注意)


琴浦さんを語るにあたりまずは1話の出来の良さ。

琴浦さんは、幼い頃から人の心が読めてしまい心を閉ざしてしまった琴浦さんが、
真鍋くんと出会ったことで少しずつ幸せになっていくストーリー。

原作でも明るいギャグかと思いきや急に重たい話になることもあるのですが、
みごとに全て1話に詰め込まれてました。

1話前半パートは琴浦さんの過去。
心が読めることで次第に離れていく家族や友達。

背景もどんどん暗くなっていくのが印象的ですw

中盤、みごとに目に光がなくなった琴浦さんが真鍋たちの学校に転校してきます。
そして琴浦さんが真鍋の心を読んだ瞬間急にギャグテイストに。
そしてあのOPである。
なにこれwwwって感じでした。

そして後半はギャグになるも、
エロスで実直な真鍋くんに次第に心を開いていく琴浦さん。

最後は打ち溶ける2人。

お見事。
琴浦さんが白目になったとこ以外は完璧だったと思います。

1話放送後に原作が爆売れしたという話を聞きましたがこれは納得です。
放送前はどちらかと言うと無名漫画だったので、
原作を見たことない人がほとんどだったと思います。
そんな人でも完全に引き込まれる作りです。


しかしこのせいで2話以降のハードルが上がっちゃった感がありました。

正直5話から失速しちゃったような感じが…
いや、普通に見たらおもしろいんですよ?
私こういう日常系ギャグ大好きですから。

琴浦さんのアニメは
1~4話…琴浦さんを連れ戻すまで(原作第1部)
5~8話…日常編(原作第2部)
9~12話…事件編(原作第3部)
の構成をとっています。 

1~4話でギャグとシリアスを混在させた面白さがあったので、
ギャグ中心になる5~8話は、面白いんだけど1話と比べるとどうしても…って感じになるんですよね。

5話・6話はそれぞれ特殊ED曲を使っていたので、
それだったら7話・8話もしてくれた方が面白かったかもとも思っちゃいました。
まぁさすがに制作とかお金の関係上そこまで無理でしょうけどね。

3部がまたシリアスになるので期待していましたが、
ちょっとがっかりパターンの原作改変でした。

作者さんは良かったと言ってるんですが、
普通に月野さん犯人にしちゃったところが納得いかない。

まぁ私が月野さん(男)のキャラ結構好きなだけなんですが、
何かただの暴漢になっちゃったのが残念でならない。

しかも月野さんがいかにも犯人かと思わせて、
そのまま犯人でしたという何か意味わからない感じになってたし…

原作での琴浦さんとの最後のやりとりすごく好きだったのでそれもなくなっちゃいましたし…


てなわけでグチを言いつつこんな感じで正直もの足りなかったとこもあったんですが、
最終回はすごく良かったと思います。

母親とのこととか告白のとことか。

この2つは原作でもかなりあっさりとしてるんですよね。

母親が家にやってくるシーンではあんなケンカなかったですが、
ケンカすることでお互いが思いをぶつけ合えて、
少しだけど分かり合えた雰囲気が出てました。

1話のオリジナル部分の卵のセリフや母親の表情などとリンクさせていたのも、
良い表現だったと思います。

告白シーンをラストに使ったのも良かったですね。
原作では学祭の後に普通にさらりと言ってたしね。

11話で森谷さんの告白シーンがあったから、さらに映えた。

きれいに終わってくれたと思います。


今森谷さんの名前出たので言うんですが、
あと下手をすれば視聴者からかなり嫌われたであろういじめっこ森谷さんを、
5話以降原作以上にネタキャラにさせることで好感もてる感じに描かれてたと思います。

アニメでは琴浦さんや真鍋くんが心がきれいすぎていたぐう聖だったので、
むしろ一番人間味あふれるキャラだったんじゃないですかね。

全体的に女の子を丁寧に描いていた気がしました。野郎は知らん


声優さんの方も良かったですね。

私的には特に福島潤さん、花澤香菜さん、久保ユリカさんあたりを押したい。

福島さんは、多分普段真面目な人なんだけど、
ラジオとかニコ生とか聞く限り何とかキャラのイメージを崩さないようにしてて面白かったw
アクエリオンEVOLのジン・ムソウやってたときは何かクールな感じでしたしw
普段は日ナレの講師さんらしいですが、この人はもっと声優の仕事あっても良いと思う。

花澤香菜さんはこの部長のような声をアニメであんまり聞いたことがなかったので、
何か新境地開拓って感じでした。

久保ユリカさんは私琴浦さんで初めて見ましたが、
なかなかキャラが面白いので今後も期待してます。


まぁここまで生意気に批判とかも書いちゃったんですが、
多分なんだかんだで楽しんでたんですよね。
こんだけ長文になっちゃうってことは。

DVDの売り上げ的に2期は厳しいですが、
DVDや原作にドラマCDついてきたりするらしいのでまた期待してます。
スポンサーサイト
[ 2013/05/21 18:50 ] アニメ アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

おたまろ

Author:おたまろ
それはもうひっそりと、ただ思ったことを書く程度の能力です。

asakuhiroku_dayo@yahoo.co.jp
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。