FC2ブログ

あさひろブログ

アニメやポケモン、ボカロ関係の雑記中心です。気に入った動画もたまに。山陰にいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アニメ】 『ジョジョの奇妙な冒険 第一部』 【感想】

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1  (第1部オリジナルサウンドトラック、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1 (第1部オリジナルサウンドトラック、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/01/30)
興津和幸、子安武人 他

商品詳細を見る


【ストーリー】
古代メキシコで繁栄を遂げた太陽の民アステカ。
彼らには奇妙な 「石仮面」が伝わっていた。
それは、永遠の命と真の支配者の力をもたらすという奇跡の仮面。
だが、ある時を境に歴史から姿を消すこととなる。
やがて時は過ぎ、19世紀後半。人々の思想と生活が激変していた時代に出会った、
ジョナサン・ジョースターと ディオ・ブランドー。
2人は少年時代から青年時代を共に過ごし、
やがて「石仮面」を巡って数奇な運命を辿ることとなる――。(公式HP参照)



↓公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/jojo-animation/

↓ネタバレ注意


私がジョジョを初めて読んだのは子どもの頃。
週刊少年ジャンプでまだ連載していた時でした。
そのときはすでに4部。
しかもエコーズがACT3になるときだったので、むしろ康一君が主人公かと思ってましたw
あまり真面目に読んでた記憶がなかったので内容はあまり覚えてないのですが、
少年誌らしからぬ絵柄やちょっと年齢層高めな内容、
4部→5部→6部と主人公が変わって行くのは衝撃的でした。
周りにあまり読んでる人もいなかったため、
実はこのアニメで完全初見だったんですよね(;^ω^)

そんなこんなで初めてジョジョを見た感想は、
「面白い!」
小学生並の感想ですが、始まる前は全然期待していなかっただけに素直に楽しめたんです。


なんというか1部は王道って感じでした。
最初はちょっと頼りない主人公って感じでしたが、
芯が強く、紳士で熱血な性格で、徐々に力をつけながら仲間とともに立ち向かう。
すごくかっこいい主人公。
こういうのたまりませんw

1話は導入部分で、ジョナサンやディオの人間性がよくわかるのですが、
まだ波紋も吸血鬼も出ないのにそこですでに引き込まれました。

3話で吸血鬼となったディオとの戦い。
この時点では対応する力のないジョナサンが挑んでいく展開は熱かった。

そして4話でツェペリさんが出てきて波紋を身につけ、ディオへと立ち向かっていきます。

ジョジョは「人間賛歌」がテーマになっていると聞きます。

それは主人公のジョナサンが力を身につけていくという意味だけではなく。
人間の精神・魂が特に重要視されているように感じます。

7話でタルカスに敗れ、真っ二つになったツェペリさんが、
「ジョジョ、継いでくれ、わしの意思をー!!」
とジョナサンに自分の力を託します。

タルカスを倒した後入るナレーション。
「そしてジョジョはまた受け継ぐ。彼の生き方とその精神を…」

ジョジョが受け継いだものは波紋のパワーだけではないのです。

ツェペリさんもこれまで、家族や友人など様々な人から意思を受け取ったでしょう。
そしてそれをジョナサンへ託した…

ジョナサンもまたこれからそれを自分の子や恋人、友人たちへ託していくと考えると
すごく深いものがあります。

もっとも9話にて彼は自分の子の姿を見ることなく死亡するのですが、
彼の精神や魂はエリナやスピードワゴンと言った人物にも伝わり、
後世へと受け継がれていく…
良い…w

ところで、敵であるディオに対しても完全に否定されているわけではないように感じます。

そうでなければ、ディオの生い立ちや考えなど彼の生き方を描く必要はないですからね。

ジョナサン側もディオ側も自分の生き方を力強く肯定しているからこそ、
どちらにも魅力が生まれるたのだと思います。

そんなことを考えたらすごくハマってしまったわけですw
1部終わった時点で、気が付いたら原作3部まで読み終えてましたw


内容も良かったのですが、
キャラや声優も最高でした。

かませ犬ダイアーさん
解説王スピードワゴンさんの存在は本編をさらに盛り上げました。
声優の上田耀司さんすげぇっす!

上田耀司さんは私初めて知ったのは絶望先生のときで、
そのころから「この人芸達者だな」と思っていましたが、
この熱のこもった解説は最高でしたよw

あと、ジョナサン役の興津和幸さんがぴったりだったと思うんですよね。
最初のなんとなくまだ頼りない頃のジョナサンもそうですが、
ツェペリさん殺されて、タルカスに挑むときの声が、
完全に漢の声になってあのときは「おぉ!」ってなりましたw


さて、私このアニメは主題歌も大好きなんですよね。

タイアップとかではなく、
アニメのタイトルが歌詞の中に入る昔ながら(?)の歌が大好きなのです。
歌詞も、1部の内容を表していて、何より熱い!
大好物w

EDは、Yes の『 ROUNDABOUT 』という曲が使われました。
1971年の曲ですが、荒木先生が起用を進言したようですね。

これは曲も良いのですが、
1番はアニメからEDに入るときが最高です!

特に好きなのは6話。
自らの死を悟りながらも、決意の表情でタルカスに向かっていくツェペリさんのシーンは
鳥肌が立ちましたよw
既存の曲でもここまでうまく使えるものなのかと思ったぐらい。


そんなこんなで、このジョジョという作品に出会えたことは
最高の収穫でした。

引き続き2部も楽しみに見ています。
スポンサーサイト
[ 2013/02/10 23:59 ] アニメ アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

おたまろ

Author:おたまろ
それはもうひっそりと、ただ思ったことを書く程度の能力です。

asakuhiroku_dayo@yahoo.co.jp
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。