あさひろブログ

アニメやポケモン、ボカロ関係の雑記中心です。気に入った動画もたまに。山陰にいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【感想】 懺・さよなら絶望先生 第01話

やっと第一話の感想です。
なぜこんなに遅くなってしまったかと言うと、理由は色々ありまして・・・
例えば、録画失敗したとか、仕事が忙しかったとか、録画失敗したとか、録画失敗したとか・・・

さて本編感想(笑)

今回のお話は・・・
アバン前巻までのあらすじ(原作第二集カバー)
Aパート落園への道(原作127話)
Bパート春の郵便配達は二度ベルを鳴らす(原作134話)
Cパート晒しが丘前編(原作103話)
絶望先生絵描き歌(小林ゆう、後藤邑子)

ネタバレ注意です。



アバン:
一応内容としては、俗・1話Aパートの続きってことになりますよね。
俗が番組の最後に、コミックス後ろ袖の「絶望文学集」をしていたので、懺ではもしかしたらと思っていましたがやはりやってくれました。
個人的に文学集よりわけがわからないので、結構さらりと読み流していたので(←ヲイ)、新鮮ですね。
ともかく“懺”はコミックス前袖ので行くようです。


Aパート:「落園への道」感想
ゲン担ぎのお話です。
独房に入れられてメソメソしている絶望先生。
「なぜこんなことに・・・」

場面変わって、少し前。
受験生のゲン担ぎについて語っています。
1話目から絶景先生(=子安さん)登場、さすがの存在感(笑)
絶望先生という名前が縁起悪いという理由で、ネオ日○組の手によって連れ去られてしまう先生。
それでもついていくまといはさすがです。

連れ去られた先生を救うべく立ち上がる生徒達。
千里はスコップ、真夜はバット、芽留はアンテナに仕込んだ針、晴美はコミケカタログとそれぞれの特徴を生かした攻撃をくりだし、相手を血祭りにあげていく。
何かなめらかに動きます。1話だから多少気合入ってる?そしてキャラが生き生きとしている・・・
石頭の加賀ちゃんかわいいよ加賀ちゃん。

その後なぜか鍵が開いて(笑)脱出する先生。
結局、絶望先生にはオチがないということで解決。
「すべっているのは内緒な」
・・・うん。

この話は登場人物も多く、キャラの特徴がつかめますから、原作が掲載されたときから「3期があれば1話向けだな」と勝手に思っていましたが、そのとおりでした。
ていうか、くめたんもしや3期1話を見越しての原作なのか?(・3・)

ゲン担ぎ・・・私も昔受験生でしたので分かる部分もあります。
「うか~る」とか「キット勝つ」とか買いました(笑)
五角鉛筆は使わなかったですが、五角形のコップをつかったり・・・
そんな時期もあったなぁって思い出されます。


Bパート「春の郵便配達は二度ベルを鳴らす」感想
春の便りのお話です。
つくしや桜、うぐいすなどの良い春の便りがある一方、ダメな春の便りがあるという先生。
春の便りを届けに来た久藤君かっこいいな。
大草さんがキャッチセールスにつかまってます。なにげに可符香が助けたことになるのかコレ?

「メール1通で別れを切り出される」のとこのケータイ待ち受け画面が、ひだまりスケッチのゆのっちと、うめてんてーのかぶりものを着たうろぺんが・・・このうろぺんかわいい・・・

取り締まりが厳しくなって逃げるマ太郎。すごい頑張ってるのに走りは遅いです。どうでもいいですが、私追いかけられる夢を見るときあんな感じになります。

きっちり春の便りにはお返しをという千里。
石破さんすげぇ!!(笑)
先生や奈美が春の便りのお返しをしています。
このご時世メールで返事ですか。
「私の恥ずかしい画像が流出したぁ」
↑新谷さんのこのセリフの言い方かなり好きです(´∇`)

なんだろう・・・コノ話石破さんが全部もってったような気がする・・・
何かそれしか印象がない・・・(^ω^;)
あと学校名が「ブルートレイン高校」になってたこと。


Cパート晒しが丘前編感想
自分晒しの旅のお話(前編)です。
自分探しの旅に北海道に行くと言う奈美。それに対し、旅に出た者は大概自分晒しの旅になると言う先生。
旅先では人間性が出てしまうもの。確かにそうですね。ただ、一人旅ならあんま関係ないような・・・
ところで、関係ないですが、先生の中の人が、ハチクロの竹本役やってましたが、その竹本君も旅に出てましたよね。(^ω^ )

さて、糸色交通が主催のツアーということで倫登場。
倫の誘惑に負け、先生も行くことに。さすが、先生のことをよく分かっている(笑)

誰か乗車してきたところで、今週はここで終わり。Cパートは来週に持ち越しのようです。
こういう話の構成は私初めて見ました。
まぁその分AパートやBパートに尺が使えるのですが。
今後もCパートだけは前後編で行くのでしょうか?


絶望先生絵描き歌感想
俗などであった小ネタ、「絶望先生絵描き歌」が今回もありました。
小林ゆう様、後藤邑子様が実際に書かれています。
非常に前衛的な絵を描かれることで有名な小林ゆう様非常に絵がうまいということで有名なゴトゥーザ様。2つがうまく対比されておもしろいです。
あと、ものすごく音痴に歌われる小林ゆうさん。
そういえばカエレは音痴設定でしたね。
芸が細かい・・・(^ω^;)


個人的感想
ついに3期が始まりました。私個人の意見としましては、好きなアニメがまた始まり大変喜ばしいのですが、やはり絶望先生のピークはもう過ぎているような気がします。
まぁ1期や2期はもともとやり過ぎ感があって(特に2期?)それがどんどんエスカレートしてましたからね。少し落ち着いたとも言えるのかもしれません。
それでも、私はこのアニメを見ると何か安心するのです。例えて言うなら日曜日のサザエさんのような感じです。
もう絶望先生の魅力にとり憑かれているのでしょうね(笑)
とにかく毎週楽しみが増えて嬉しい限りです。(^ω^ )
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ひだまりスケッチ どこでもすごろく×365
ひだまりスケッチ どこでもすごろく×365の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ひだまりスケッチ どこでもすごろく×365」へ!
プロフィール

おたまろ

Author:おたまろ
それはもうひっそりと、ただ思ったことを書く程度の能力です。

asakuhiroku_dayo@yahoo.co.jp
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。