あさひろブログ

アニメやポケモン、ボカロ関係の雑記中心です。気に入った動画もたまに。山陰にいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アニメ】 世紀末オカルト学院 第13話 「マヤの文明」 【感想】

やっと見れました最終回!
好きなアニメが終わるときって何だかせつないですよね。

でも好きな思いがあるだけに、そのラストがどのような終わり方をするのかって重要です。
このアニメはどんな終わり方をするのか。
見る前は嫌な予感と期待と半々くらいで見ていました。

てか、終わった後の余韻と残された謎で昨日中にブログ間に合わなかったよw


では、世紀末オカルト学院 第13話 「マヤの文明」 感想です。

↓公式HP
http://www.occult-gakuin.jp/

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/09/22)
水島大宙日笠陽子

商品詳細を見る


君がいる場所【初回生産限定盤】君がいる場所【初回生産限定盤】
(2010/07/21)
高垣彩陽

商品詳細を見る



  ↓ネタバレ注意


本編:
最初は回想シーンから。
1話のちょっと前、学長の死体を用意する前の時ですね。
敵の襲撃から学長を守るため、どこか遠いところ(墨田区)に飛ばしていたんですね。
先週の予告で一瞬「アレ?教頭生きてる?」と思いましたが、
やっぱり教頭は先週で死んだみたいですね……


さて、美風を倒した後に戻ります。
文明から、父親が生きていると知らされて静かに喜ぶマヤ。
父の思い・真実を知ったマヤですから、父親に対して素直になれそうですね( ^ω^)

マヤは終業式に文明の母親と文明君を呼んだようです。
いなくなる文明へのせめてもの贈り物。

子供の頃、オカルト学院に来た記憶が無いことに気づく文明。
何かがおかしい。
いったいどういうこのなのでしょうか。

未来の文明とこの時代の文明が会うことによるタイムパラドクスのようです。
同じ人物である2人が出会うことで世界が崩壊すると……
つまりは、文明がノストラダムスの鍵でした。
文明そのものではなく、2人の文明が出会う行為が鍵となるみたいです。
文明の記憶も2人が出会ったときの衝撃でなくなったのですね。

しかし、文明は母親に会いたいと願う。
これはかなり厳しいのではないかと思いますが……
原因がわかったわけですから未来の人たちはすぐにでも文明を未来に戻すべきだと思います。

マヤは文明に母親と合わせるため、講演会をキャンセルするための話し合いに文明も同席させる。
さらに、母親を怒らせることで松代に二度と来たくないと思わせました。

マヤは文明にこの時代に残って欲しいのですね。
その言葉を拒否した文明は賢明な判断だったと思います。

しかし、そう上手くはいきません。
文明君がどうやらオカルト学院に向かった模様。


亜美の家で文明の送別会を行う。
退職の理由はマヤが「教師に向いてないから他の道に進むように勧めた」
もうちょっと何かなかったのか?www

一方の文明君はオカルト学院に侵入。
遊んじゃってます。
スプーン以外にも色んなもの曲げれるんですねw


そして7月21日、終業式。
帰る間際、マヤに「俺が好きなのは……」と言いかけて止める文明。
未来へ戻ろうとする文明を引きとめようとするマヤ。

そのとき、文明君が来てしまった!!
ついに出会ってしまった2人。
時空のひずみが生じ、宇宙人が襲来します。
宇宙からなのか、別世界からなのか、良く分かりませんが。

文明君が向かいますが、気絶してしまう。
大人文明が近寄り、文明君のスプーンを手に取った。
すると、大人文明に文明君の超能力が映る!!

文明が覚醒!!
かっけえええええええええええええええ!!!!!
これまでのヘタレ分を帳消しにするかのようなカッコよさです!!

でも、1人特攻した文明は宇宙人や扉とともに消滅……

残されたマヤは、文明君とともに歩きだします。
大人文明も最後は自分の足で未来を決めたんだよな…
でも、お互いに何か言いかけて止めていただけに、せつない……


未来では崩壊した世界ではなく、日常の風景に。
マヤ父が気が付くと。
対策本部も喫茶店になっていました。
文明は歴史を曲げることができたようです。

未来では、マヤ、マヤ父、文明が一緒に暮らしているようです。
表札が「内田」になっていたので結婚したのでしょうか。

マヤ父が帰ると、カレーライスが3つ。
スプーンが並んでいることから、文明もトラウマを克服したということでしょう。


さて、宇宙人と消滅した文明がどうなったかですが、
ラストの提供で全員登場シーンがあります。
オカルト最終回
これを良く見ると、死んだ人たち(怪物除く)には天使の輪っかがついています。
しかし、文明にはそれがついていないことから、文明はまだ生きているのではないかと思っています。
それが、どこの世界なのかは分かりませんが……


総評:
個人的には、途中ある程度の失速はありましたが、オリジナルアニメとしてはかなり面白い部類に入ると思います。
最終回も、最後強引といえば強引であるのですがその結末は良かったと思います。
これだけアニメの最終回を見た後余韻が残ったのは久しぶりです。

ただ、考えれば考えるほどこの結末には寂しさを感じざるを得ないのです。
この辺りの気持ちやこの結末の私なりの解釈を近いうちにまた別に書きたいと思います。
ちょっとすぐに書けるかは分かりませんが……

実はこのクールはほとんどアニメを見ていなかったのですが、
本当にこのアニメには楽しませていただきました。

スタッフの皆さまお疲れさまでした。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

おたまろ

Author:おたまろ
それはもうひっそりと、ただ思ったことを書く程度の能力です。

asakuhiroku_dayo@yahoo.co.jp
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。