あさひろブログ

アニメやポケモン、ボカロ関係の雑記中心です。気に入った動画もたまに。山陰にいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アニメ】 世紀末オカルト学院 第6話 「文明の道程」 【感想】

最初から思っていたんですが……

何かマヤって、外見も声も違うんですがたまに絶望先生のきっちりさんに見えるんですよね……(;´∀`)


では、世紀末オカルト学院 第6話 「文明の道程」 感想です。

↓公式HP
http://www.occult-gakuin.jp/

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/09/22)
水島大宙日笠陽子

商品詳細を見る


君がいる場所【初回生産限定盤】君がいる場所【初回生産限定盤】
(2010/07/21)
高垣彩陽

商品詳細を見る



  ↓ネタバレ注意


本編:
前回の臨死体験から、視力が回復しオカルトにも興味を示さなくなったこずえ。
もう完全に別人っぽいです。

こずえのことを心配する亜美。
亜美「こずえはね、恩は三日で忘れても、オカルトだけは絶対忘れない子なんだ」
ひどいなそれは(;^ω^)
あと、そこはかとなく亜美エロス。

こずえを元に戻そうと(セリフ棒読みで)奮闘する2人。
字が汚い先生は先週に引き続きカワイソスw

マヤ「いや、無理よ。そんなの入らない」
亜美「大丈夫。ほら、開いて。ゆっくり」

と、ツチノコを作ろうと蛇にヤカンを飲み込ませようとしてる。
蛇泣いてるし。
動物虐待!w
セリフは言わせたかっただけですよね(笑)

カレーを食べた後にカレーパンの試食をお願いする美風。
泣いて文明を落とすのももう何かわざとらしく感じる。

マヤは文明にスプーン曲げをこずえの前でさせる。
失敗する文明。
しかしそれは計算のうち。
マヤは、オカルトや星の王子様の「大事なものは心で探す」という言葉を否定する。
同意するも、言葉とは裏腹に泣きだすこずえ。

こずえが死後の世界に心を置き忘れてきた事に気付きます。
別人になったわけじゃなかったのか。
予想外れました。

こずえの心を取り戻すためにJKとスマイルに声をかける。
この2人は文明と違って頼りになるからなぁ。

六角レンチ9本セットとライディンググローブ、エンジンオイル5ℓにつられたスマイルの胸のバッチがハートマークにwww

実験室の鍵を借りようとするマヤをカッコよく追い返す教頭。
見られて困るものってポエムかwww
まぁ…困るわなwww

ダウジングロッドで鍵を開けるJK。
何でもアリだなw

マヤを見張っていた文明。
理由を聞いて、自分が行くと言いだします。
パンツ脱ぐなwww

文明は臨死体験で自分の過去を見ます。
走馬灯か、なるほど!

しし座流星群
そういえば1999年にもありましたね。

以前の回のカレーのくだりでは良いお母さんに見えたんですが、もしかして文明の能力でお金儲けようと利用してたのかな?
思いもほかシリアスでした。
これにはマヤもショックだった様子。
マヤも自分が親に叩かれたときのことを思い出す……

さらに、世界が崩壊した日のことも。
すごい……

その中でこずえを見つけた文明。
しかしこずえは拒否。
「大事なものが見えない」というこずえ。

ですが……
まさかのメガネオチwww

メガネ>心ですか……

文明と再びタッグを組んだマヤと文明。
マヤは文明の過去と自分の過去を重ねたのかな?
2人とも同じく孤独な子ども時代を過ごしたんだよなぁ……

美風のワゴン販売って、ポルシェ販売!?
なんだそれ!?w


次回予告:
曲は「HOT LIMIT」歌:黒木亜美(CV:高垣彩陽)
これも1999年じゃなくて、1998年の曲です。
まぁ何でも良いか(笑)

最後ツンデレ乙w

今回シリアスにギャグに良い塩梅でした。
落ちた文明の株も少し戻ったのかな?
まぁ文明自身が何か変わったのではなくあくまで同情票ですから、今後の文明の行動に期待ですね。

あと、メガネなしのこずえはちょっと可愛かったw
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

おたまろ

Author:おたまろ
それはもうひっそりと、ただ思ったことを書く程度の能力です。

asakuhiroku_dayo@yahoo.co.jp
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。